背中にきびの薬


背中ニキビ top>背中ニキビの治療>背中にきびの薬

背中ニキビができたら、市販の薬を飲んで治療する人もいます。

薬の種類としては、塗り薬と飲み薬があります。

塗り薬では、ビフナイトやクレアラシルなどが有名ですね。

背中ニキビの場合は、手が届きにくいので、飲み薬の方が使いやすいでしょう。

たとえば、チョコラBBとか、ハイシーBメイトのような、ビタミンが入っているもの。

食生活が原因で背中ニキビが出来ている場合は、こうした薬を服用すると、すぐに良くなる人もいるようです。

ビタミン不足の場合は、ニキビだけでなく、口内炎や湿疹ができることもありますから、ニキビ以外にもこういった症状があれば、飲み薬は有効かもしれません。

早ければ、薬を服用してから2〜3日で効果があらわれる人もいますが、しばらく飲んでも背中ニキビがよくならなければ、他の方法を考えるか、皮膚科に行くなどした方が良いでしょう。


menu
背中にきびの薬
皮膚科で治療
背中のニキビ跡

背中ニキビの治療に戻る

背中ニキビ